ホーム > 事業概要 > 課題解決へのアプローチ

事業概要

課題解決へのアプローチ

課題解決に向けてもっとも重要な要素=事実情報

人材育成という分野は、「見える化」に対する取り組みが進んでいない状況にあるというのが私たちの実感です。
事実の把握なくして、適切な解決策を考えることができません。まずは私たちが課題の「見える化」のお手伝いをいたします。

人材育成のプロとして人事部に求められる役割

人事部に求められているのは、現場組織で顕在化していない課題を見える化し、社員1人1人の能力開発だけでなく、組織能力開発や良き組織文化の醸成に向けた解決策を実行していくこと。そして、経営戦略に直結するそれらの解決策をスピーディーに行っていくことです。
社員が変わる前に人事部自らが変わらなければいけません。

事実を把握するためのアプローチ

人材育成上の課題解決に向けた第一歩として重視しているアクションが、課題ヒアリングです。経営層、人事・育成部門等の各ステークホルダーから人材育成の実態や課題に関してヒアリングしていきます。弊社では、カウンセリング手法をベースとした独自の課題ヒアリング手法を用います。

無料課題ヒアリングセッションのご案内

弊社コンサルタントが御社をご訪問し、経営層もしくは人事部門キーマンを対象とした課題ヒアリングセッションを実施させていただきます。
複数回のセッションを通じてお聞かせいただいた人材育成上の課題を踏まえ、御社向けの「人材育成における課題解決の方向性レポート」を作成、課題解決に向けた方策をご提言させていただきます。

課題解決に向けたより高度な支援

課題ヒアリングセッションの結果を受けて、より具体的な課題解決策の必要性が発生した場合、弊社の経験豊富なコンサルタントがご支援させていただきます。

お気軽にお問い合わせください。
電話(平日9:30~17:30)
メール(24時間受付)

ご相談・お問い合わせ

ページのトップへ