ホーム > 事業概要 > 課題解決の3つの道具

事業概要

課題解決の3つの道具

課題解決の3つの道具とは

人材育成上の課題がより多く分布する領域に対しては、あらかじめ「課題解決のための型」といえる標準的なサービスをご用意しております。それが「課題解決のための3つの道具」です。

研修施策の効果を高める仕組み

研修施策を構成するプロセスを前工程、研修中、後工程に区分。各々の区分において、研修受講者、受講者の上司、人事部担当、場合によっては弊社カウンセラー、学習コーチがとるべきアクションを定義し、その行動を支援するツール類をご提供します。

現場で人を育てる仕組み

企業において、人を育てる手段は、「研修施策」だけではありません。研修施策が日常と離れた非日常の中で、短期間に集中して能力開発が行われるのに対して、「現場で人を育てる仕組み」は、まさに、日常業務のなかで時間をかけて能力開発が進みます。その分、行動変容が着実に進むというメリットがあります。

研修効果の測定、人材育成の見える化のための仕組み

独自の手法を用いて、企業にとって望ましい行動が増えているか、評価対象となる社員の仕事ぶりが意図した状態に変化しているかを評価していきます。

弊社サービスマップ

弊社のサービスを体系的に整理いたしました。

弊社サービスの特徴

弊社のサービスには、大きく3つの特徴があります。

お気軽にお問い合わせください。
電話(平日9:30~17:30)
メール(24時間受付)

ご相談・お問い合わせ

ページのトップへ